bR 3年後の芝生は?





4〜5月は特に気候が良いので、
芝を貼ろうと思われるお客様が多いのではないでしょうか。

「芝を貼って最初の1年は緑できれいだったのに、
3年も経つとやっぱり芝生は管理が大変でダメだ。」という話をよくききます。

芝生だったの場所に砂利を敷く方が結構いらっしゃいます。


ナーセリーでは、芝を作るときに必ず元肥を入れます。

そうすることで根に効率的に養分を供給することができます。

元肥には有機肥料がいいです。

有機肥料は養分が吸収された後も
微生物のすみかとなり追肥をキャッチするスポンジのような役目も果たしてくれます。

元肥を入れたのと入れないのでは、
最初の1年間はあまり違いがでませんが、
3年後はかなり結果が違います。

芝を貼るときは最初に芝代や目土代その他もろもろで、
まとまったお金がかかります。

そんなときに元肥代を惜しんでしまったら、
3年後には張替えや砂利入れに、結構なお金が飛んでいくかもしれません。


ちょっとしたことですが、芝生をきれいに保つ秘訣です。

有機肥料はそんなに高いものではないので
質のよいものを適量入れられることをおすすめします。

次のコラムへ
前のコラムへ